HOME > 資料集 > 活動と主張(バックナンバー) >

【04.06.10】八田ひろ子参院議員 議員立法提出数 改選124人中トップ
“国民の願い実現へ一歩一歩” 朝日新聞が発表

6月10日「しんぶん赤旗」

乳幼児医療無料化法案を提出する八田議員=3月23日 「八田ひろ子参院議員は議員立法提出数ナンバー1」。朝日新聞が6日付で発表した今回改選される参院議員の124人の国会活動調査で八田議員の活動ぶりをそう報じました。東京大学の蒲島郁夫研究室と同紙の共同調査です。

 八田議員の議員立法提出数は6年間で42件、改選124議員中最多です。調査によると1人当たり平均の提出回数は自民0.2、公明0.8件。それと比べても抜群の多さ。同紙は「1位の八田ひろ子氏(共産)は1年当たり7本の多産ぶり」と書いています。愛知県選出議員のなかでもダントツ。民主党の木俣佳丈議員の2件、佐藤泰介議員の3件とは比較になりません。

 提出法案は、働くルールの確立を求めるもの、男女平等を求めるもの、くらし・福祉・教育に関するもの、腐敗・汚職のない、きれいな政治を求めるものなどきわめて多彩です(主な法案は別項参照)。有権者、国民の利益を代弁して一生懸命の八田議員。国政にとっても愛知県民の暮らしにとってもかけがえのない政治家です。

 八田議員は「みなさんの思いを1つでも2つでも実現したいと、あらゆる方法に挑戦した結果が法案の数の多さになったのだと思います。たくさんのみなさんの活動の成果です。まだまだやるべきことはたくさんあると思います。さらに頑張る決意です」と語っています。

主な提出案件(◎=八田議員が「発議者」の法案)

働くルールの確立を!
◎解雇規制法案
◎サービス残業根絶法案
◎パート・有期労働者等均等待遇法案

男女平等
※DV防止法(配偶者からの暴力防止と被害者の保護に関する法律)《参院共生社会調査会長提出》の法案作成プロジェクトチームの一員として尽力
◎選択的夫婦別姓含む「民法」改正案《共産・民主・社民ほか共同提出》
◎「慰安婦」問題解決促進法案《共産・民主・社民共同提出》
◎育児休業、介護休業等育児又は家族介護をおこなう労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法案

くらし・福祉・教育
◎乳幼児医療費の無料化法案《日本共産党と無所属二議員の共同提出》

腐敗・汚職のない、きれいな政治をめざして
◎天下り禁止法案
◎企業団体献金の禁止法案
◎政党助成法を廃止する法案

 

議員立法提出数(「朝日新聞」04年6月6日付から)

順位
氏 名
政党
当選回数
提出回数
八 田 ひろ子
共産
1
42
池 田 幹 幸
共産
1
38
江 田 五 月
民主
2
27
千 葉 景 子
民主
3
27
畑 野 君 枝
共産
1
25
小 川 敏 夫
民主
1
24
福 島 瑞 穂
社民
1
23
井 上 美 代
共産
1
22
円   より子
民主
2
20
大 沢 辰 美
共産
1
19
富 樫 錬 三
共産
1
19
大 脇 雅 子
無所属
2
19

 

▲ このページの先頭にもどる