HOME > 資料集 > 活動と主張(バックナンバー) >

【04.01.23】徳山ダム 事業費負担増に反対し、建設の中止を求めよ
日本共産党愛知県委員会、 県知事に申し入れ

1月23日「しんぶん赤旗」

 日本共産党愛知県委員会は22日、神田真秋知事にたいし、徳山ダム事業費増額に反対し、建設中止を求めるように申し入れました。

 きしの知子、林信敏、堀一の3前県議が知事公室をたずね、申し入れました。

 内容は
 〔攸樟鄂綏録綮餮山発基本計画(フルプラン)の改定にあたっては適正な水需要予測をおこない、その内容を県民に公表する。
 ∋業費の3500億円への増額に同意しないこと。毎秒4トンの水利権を返上し、ダム建設事業から撤退する。
 I塒廚米蛙縅構想を拒否する。
 す馘攜鯆名福⊃綮餮撒々修法▲瀬犒設中止を要求する。
 の4点。

 同ダムは当初2540億円の事業費計画で進められてきましたが、今年度でほとんど使ってしまい、新たに960億円増やし、総額3500億円にする問題が出されています。水利用、治水に関係する愛知、岐阜、三重の3県と名古屋市にも新たな事業費負担増が迫られており、愛知県では近く知事が態度を打ち出すと見られています。

 

▲ このページの先頭にもどる