HOME > 資料集 > 活動と主張(バックナンバー) >

【03.06.24】徳山ダム中止せよ 共産党が申し入れ
中部地方整備局と水資源公団に 八田ひろ子参院議員も参加

6月24日「しんぶん赤旗」  

中部地方整備局で申し入れ書を渡す日本共産党愛知県委員会、同名古屋市議団の人たちと八田ひろ子参院議員(右から4人目)=23日、名古屋市 日本共産党愛知県委員会(岩中正巳委員長)と同名古屋市議団(村瀬たつじ団長)は23日、徳山ダム建設の中止を求める申し入れを国土交通省中部地方整備局と水資源開発公団中部支社に行いました。申し入れには、八田ひろ子参院議員、林信敏党県自治体部長(前県議)、村瀬市議ら市議団メンバーなどが参加しました。

 同ダムの総事業費が、これまで示されていた2540億円から、一気に4割、1000億円も増える問題が先に明らかになり、中部地方整備局が県知事に増額分の新たな負担を求めたという報道もされています。

 しかし、その内容は、県民、市民に何も明らかにされていません。このため申し入れでは

 _畭腓兵要予測で使うあてのない徳山ダム建設は、ばく大な負担を県民、市民に押し付ける無駄と浪費の公共事業であり、建設を中止すること

 △覆治隠娃娃芦円の追加負担なのか、原因を明らかにし、県民、市民に説明すること

 事業費増加分の追加負担を県、市に求めないこと――を求めました。

▲ このページの先頭にもどる